仄々鍼灸院TOP

更年期(メノポーズ)

更年期とは、閉経前後5年の約10年間のことを言います。
女性であればこの年令になると更年期という世代になります、小児期、思春期、性成熟期というのと同じで、この後に更年期、老年期と続きます。
日本人女性の閉経年齢の平均は50歳前後ですので、だいたい45歳〜55歳がこれに当たります。
更年期症状の有る無しに関わらず、ライフサイクルとしてそういった時期と思って下さい。

 

ほのぼのメモ
更年期は閉経の前後5年の10年間という定義ですが、閉経してみて初めて5年前から更年期だったということがわかるって、ちょっと微妙ですよね?
更年期が始まっているかどうかを知りたいのに、閉経してみないとわからないなんて……。
婦人科の先生ともお話させていただきましたが、40歳代に差し掛かって生理周期が乱れてきたら、そろそろ更年期に入ってきたなと思って下さいとの事でした。
更年期障害の目安となる『簡略更年期指数(SMI)』のチェックテストの用紙を用意しています。
気になる方は印刷をしてお使いになってみて下さい。

 

更年期障害とは

更年期世代の多くの女性は「のぼせ」「ほてり」などの「ホットフラッシュ」「発汗」「冷え」「肩こり・腰痛」「疲れやすい」「頭痛・めまい・吐き気」「うつ気分・憂うつになる」「起こりやすい・イライラ」などなど、様々な体調不良、不調が現れこれらの症状に個人差はありますが、更年期女性の9割の方が何かしらの不調を感じます。
この中でも、「ホットフラッシュ」と呼ばれる「のぼせ」や「ほてり」「肩こり」「疲れやすい」が多く、これらの更年期に伴う様々な症状を『更年期症状』と言い、これらの症状により日常生活に支障をきたす場合『更年期障害』と言います。

更年期症状には100種類以上あると言われ、また人によって強く出る症状が異なり、次々と症状が出てくるというのも特徴になります。

 

ほのぼのメモ
ちょっと難しいお話になりますので、興味があれば。
更年期では脳の視床下部というところから卵巣にエストロゲンというホルモンを分泌するように司令が来ているのに卵巣は機能が低下していることによりが反応できない状態、視床下部は、卵巣がエストロゲンを分泌しないので更に分泌するように催促するが反応がないので更に司令を送る!!
これを繰り返していると、視床下部は働きすぎで疲れてしまうんですね。
この視床下部、実は呼吸や体温調整、多くの内臓の動きをコントロールする自律神経の親分でもあります。
一緒に自律神経も疲れちゃうので更年期には自律神経症状が多く見られるんですね。

 

更年期の一般的な対処法

婦人科

近年見直されてきているのが『HRT』と言われるホルモン補充療法。
また『漢方薬』を処方する先生も多くいらっしゃいますし「イライラ」「うつ気分・憂うつになる」「不眠」などの方には『向精神薬』が処方されることもあるようです。

薬物療法以外の治療法といては
『カウンセリング』

 

薬物療法対処法以外の対処法としては
『サプリメント』『ハーブ』『アロマ』『ヨガ』『ピラティス』『鍼灸・マッサージ』などあります。

 

ご自身でできることとしては
『食事』『運動』『休息』『趣味にいそしむ』『楽しいことをする』

 

ほのぼのメモ
何かを一つチョイスするのではなく、必要に応じて組み合わせていく事により生活の質を上げることができると思います。

 

仄々鍼灸院での『更年期』への施術方法

鍼灸治療
日本伝統の鍼灸治療により、体全身を整えていくことを目的としての施術をおこないます。
基本的には、経絡治療という手法を使用し「ひとり、ひとりに合わせたオーダーメイドの施術」をおこないますのでご安心下さい。
古くから、鍼灸治療は婦人科の診療をおこない得意としている分野となります。
また現代医学的にも、鍼灸治療は自律神経の調子を整えるのにとても有効な施術方法ということが近年分かってきています。
更年期症状の多くが自律神経症状となりますので、とても相性が良い施術と考えております。

 

整体

更年期症状に限ったことではありませんが、身体が辛い時の事を想像してみて下さい。
下を向いて、猫背な状態ではありませんか?

胸を張った状態で「やる気が出ないです」「抑うつ気分なんです」という方は、なかなかいらっしゃらないと思います。
元気がなくなってくると身体は丸まり、猫背になりやすくなります。
ここからも、更年期症状の中にある「肩こり」なども出てきてしまうと考えます。
また、猫背で生活をしていると内臓は圧迫されてしまい内臓機能が低下を起こしやすく、呼吸は浅くなり自律神経への影響も出やすくなると考えます。

ただでさえ更年期症状があるのに、自律神経失調症と言われる状態にも近づいてしまいます。

 

当院の整体は姿勢を良くする事により『内臓機能』『自律神経』のバランスを改善し『更年期症状』の改善を目指していきます。

当院の整体は、もみ療治や、バキバキしたりはせず、ゆっくりと動かしながらの施術となります。
気持ち良いくらいの強さでの施術をしていきますので、安心してお受けいただけます。

 

簡略更年期指数(SMI)

簡略更年期指数(SMI)は、更年期の確認と程度を知るための方法として、小山嵩夫クリニック 小山嵩夫 先生が考案したテストです。
簡略更年期指数(SMI)をチェックして点数を付けてみましょう。

↑こちらをクリックしてダウンロードをしてお使い下さい。
月に1回程度のチェックをおすすめいたします。

 

関連ページ
簡略更年期指数とは?
のぼせ、ほてり、ホットフラッシュ SMI解説

このページの先頭へ