仄々鍼灸院TOP

仄々鍼灸院TOP

オーストラリア国家資格を持つ実力をあなたも受けてみませんか?

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染症対策についてこちら

(2020年7月25日更新)

三密や慣れない生活でのストレスからか『眠れない』『イライラする』など自律神経の不調を訴えられる方が多くなってきています。
このホームページをご覧いただいたこともご縁ですので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

エキテンクチコミno.1

 

 

 

 

こんなお悩みありませんか? もみほぐしても調子が良くならない、病院ではなんとも無いと言われた、体をスッキリしたい|町田、相模原地域の仄々鍼灸院へご相談下さい。

 

 

 

問診風景

 

 

 

 

 

院内のご案内

写真は左右の◁▷で切り替わります。

 

 

『施術を受けられた皆さん』の感想はこちら!

 

 

 

私は西洋医学の医師なので東洋医学のことはよく分からなかったが、その手法は違くても考えを同じくしてお互いに補完しあえる事がわかってきた。

そして石崎先生は私の同志となり得る人物だ。

東洋医学は更年期治療以外にも様々な疾患において、我々医師の手の届かない患者さんの不調に寄り添うことができ、石崎先生はそれを実践されている。

私の主宰する日本更年期と加齢のヘルスケア学会 神奈川支部においても運営、講師を努めるなど精力的に活動している先生は、これからの更年期治療のホープ、期待の星だと私は思う!!

「石崎先生、いつも前進するために、たゆまず努力する姿勢は傍からみててもとても美しくサマになってます!」

そういう人とはずっと自分のそばに置き、ずっと親しく付き合つて行きたいものですね。

これからもよろしく!!

応援しています!!

 

 

 

石崎君を推薦します。

人を診る時には「ホリスティック医療を目指しましょう」と学生時代にお話させてい頂きました。

東洋医学はホリスティック医療(身体の全体を診ること)に主眼を置いていますので、東洋医学について興味が深く探求する石崎君の姿勢は、日々の臨床においても生かされ多くの患者さんに喜ばれていくと信じています。

加油!!

 

 

LINEからは24時間OK!!

 

 

 

 

当院が選ばれる5つの理由

 

しっかりお話をお聞きします

 

 

オーストラリアの国家資格を取得。世界約50カ国での施術が可能です。

 

 

完全個室

 

 

静かな施術室

 

 

必ず院長の施術が受けられる

 

 

 

 

 

 

院長あいさつ

町田市の更年期や自律神経の乱れなら仄々鍼灸院の院長へご相談下さい

仄々鍼灸院のホームページを御覧いただきありがとうございます。
私自身は、長年アトピー性皮膚炎に苦労してきました。
正直いって、この痒みの苦しさから何度「死にたい」と口にした事でしょう。
この疾患を良く出来ないものかと、鍼灸の道に入り同じように苦しまれている多くの方の支えとなれるよう、またそれ以外にも、病院に行ったが良くならないなどの悩みを抱えていらっしゃる方へ一緒に緩解への道をたどるお手伝いをさせて頂いています。
悩みは違えど、症状の緩解後「実は、あの時死にたいと思っていたけど死ななくてよかった」などと笑顔でおっしゃって頂く事は、とても有り難く、嬉しいです。

近年、鍼灸が自律神経や婦人科のトラブルにとても有効的ということで、女性のお悩みについて拝見させて頂く事が多くなってきており、更年期カウンセリングや、不妊カウンセリングに関する医学会への所属をさせて頂き日々研鑽に励んでおります。

相談は無料ですので、これをご縁と遠慮なくご相談ください。

仄々鍼灸院
院長 石崎洋平

 

 

よくある質問

Q.鍼灸は「痛い」「熱い」整体は「ボキボキ」というイメージがあるのですが……

 

A. 当院の鍼灸は、なるべく痛み、熱さの無い施術を心がけております。
また、整体は「ボキボキ」したり、痛みの出るような施術は一切行いませんのでご安心ください。

 

 

Q.女性なのですが、どのような服装で行けばいいでしょうか?

 

A. 鍼灸では「専用のお着替え」整体では「できるだけ動きやすい服装」または「ハーフパンツの貸し出し」もございますのでお声がけ下さい。

 

 

Q.どのくらい通えばいいのでしょうか?

 

A.  お身体の状態や、お悩みの症状によっても違いますので、一概に「何回で良くなります」とは言えません。
しっかりとお話をお聞きし、検査を行った上「どのようになりたいか」を踏まえておおよそのペースと期間をご提案させていただきます。
もちろん、ご自身のペースで通っていただくことも可能ですのでご安心ください。

このページの先頭へ