仄々鍼灸院TOP

逆子

逆子と病院で言われた方。大丈夫です。逆子と慌てないで健やかなお産を一緒に目指しましょう!!
ツーショット写真女性

逆子をはじめ、妊娠中の不安、不調に寄り添っていきます

安心して下さい!!
当院では一日でも早く逆子の改善に導くため、
仄々鍼灸院では『逆子へのアプローチ』だけでなく『様々な不安』をに一緒に寄り添い健やかにその日を迎えられるようにアプローチをしていきます。

 

ホームページ閲覧特典、6,000円(初診料3,000円+逆子施術料3,000時)→3,000(各種条件がございますのでお問い合わせ下さい)

 

 

なぜ、早く逆子が改善するのか? 3つの理由

  1. 家でのお灸とは違い、プロがしっかりお灸をしていきます。
  2. オーダーメイドの施術で母体の体調を整えていきます。
  3. 不安からくるストレスを減らし子宮内の環境を良くしていきます。

 

 

 

逆子の原因は……。

逆子になると「あの時こんな事したから良くなかった」とか
「自分の体質が○○だから」など自分を責める方が多くいらっしゃいます
声を大にして言います。
あなたが悪いわけでも、ましてやお腹の赤ちゃんが悪いわけでもありません
誰も悪くないですし原因なんてわかりません

 

大切なのは、
母子ともに無事で出産する事と考えています。
原因よりも、健やかな出産をするにはどうしたらよいか?
仄々鍼灸院ではどのような事ができるのかをお伝えします。

 

帝王切開になっても……。

残念ながら、すべての方の逆子が直るわけではありません。
もちろん直るに越したことはありません。

もし帝王切開になっても、お役に立っていることもあります。
それは「お母さんの体調をよくしていくことです」
通常、逆子の場合は帝王切開での分娩となりますが、「体調が良い状態」と「体調が良くない状態」どちらが良いでしょうか?

 

例えば

体調が良い状態 体調が悪い状態
産後に早く元気になる 産後も調子が悪い
傷の治りが早い 傷の治りが遅い
傷の範囲が狭い 傷の範囲が広い

これは、正常分娩になったとしても同じような事が言えると考えます。

 

 

どうして、逆子が直るのか?

出産は神秘の世界です。
産婦人科の先生や助産師さんに聞いてみて下さい。
最後はもう神秘の世界です。
よくわかっていない事が多いです。
なので逆子についても、よくわかっていません。
「足が冷えてるから」「お腹が硬いから」「運動が足りないから」などなど。
わからないから、病院では逆子体操の指導くらいしかない。

 

東洋医学では昔から『逆子のお灸』というものがあります。
経験的に、逆子には「三陰交」「至陰」というツボが良いとされていて、鍼灸師でこれを知らない人はいないというほどメジャーなものです。
ご自身で調べてみて、そこへお灸をしてみるのも良いでしょう。
多くの方が、お腹の中で赤ちゃんが動くのを感じられます。
科学的ではありませんが、当院以外にも先人から多くの方の逆子が直っている事によりこの技術は残っていると考えています。

 

 

仄々鍼灸院で逆子はどうするの?

過敏性腸症候群、PMSがきっかけで来院、特に女性特有の症状、逆子を治したい妊婦さんにおすすめです。

逆子の施術は逆子だけではないのです!!
仄々鍼灸院では、逆子へプロの技術でのアプローチはもちろんの事、体調を整えていく事が大切と考えています。

お腹が硬いと、赤ちゃんはお腹の中で動きにくいと思いませんか?
体調を整えると、お腹は柔らかくなりやすくなります。
ストレスや緊張を取り除くこともお腹を柔らかくしやすくなります。

また、妊娠中の睡眠は浅くなります。
睡眠の状態を良くしておくことも大切で、逆子が直るのもお母さんが寝ている時に直ることが多いです。

 

 

 

何週目まで逆子は直るのか?

当院でのお話ですが、妊娠37週、帝王切開の前日検診の確認で直った方はいらっしゃいます。
ただし、少数です。
産婦人科で逆子と診断されるのが28週の検診です。
物理的に、余裕がある方が戻りやすいですので診断を受けましたら、なるべく早めにご来院いただけると良いと思います。
病院で教えてもらう逆子体操をしながらでも大丈夫です。

 

『妊娠中のケアも助けていただいています!!』

喜びの声”小学生からの胃痛、肩こりが解消し、ご飯が美味しいです♪子供も授かり妊娠中のケアも助けていただいてます”

 

 

『逆子にならず、ひどい腰痛にもならず……』

喜びの声を頂きました”妊娠中逆子にもならず、ひどい腰痛にもならず快適な妊娠生活を送れています♪”
喜びの声を頂きました”妊娠中逆子にもならず、ひどい腰痛にもならず快適な妊娠生活を送れています♪2時間半でスルッポンと生まれました、ありがとうございます!”
無事出産され、産後に追加メッセージを頂きました。

 

 

逆子以外にも、
こんなお悩みはありませんか?

腰が痛い
足が冷える
よく寝られない、眠りが浅い
むくむ
不安だけど相談する人がいない

 

 

産後の事も考えています。

「産前」「産後」に少しでも健やかに過ごしていけるように、体調などを整え健やかにお過ごし頂くお手伝いを致します。
出産までで終わらず、産後へと続いていきます。
健やかなお産、安産だけでなく「産後の骨盤調整」や「乳腺炎の予防」など産後の様々な変化へのケアーまでお付き合いさせて頂きます。
また逆子でない方も、ここまでお読みいただきましたのもご縁です、もしよろしければ体調管理を含め安定期に入りましたらお尋ね頂ければと思います。

 

 

 

 

私は西洋医学の医師なので東洋医学のことはよく分からなかったが、その手法は違くても考えを同じくしてお互いに補完しあえる事がわかってきた。

そして石崎先生は私の同志となり得る人物だ。

東洋医学は更年期治療以外にも様々な疾患において、我々医師の手の届かない患者さんの不調に寄り添うことができ、石崎先生はそれを実践されている。

私の主宰する日本更年期と加齢のヘルスケア学会 神奈川支部においても運営、講師を努めるなど精力的に活動している先生は、これからの更年期治療のホープ、期待の星だと私は思う!!

「石崎先生、いつも前進するために、たゆまず努力する姿勢は傍からみててもとても美しくサマになってます!」

そういう人とはずっと自分のそばに置き、ずっと親しく付き合つて行きたいものですね。

これからもよろしく!!

 

 

石崎君を推薦します。

人を診る時には「ホリスティック医療を目指しましょう」と学生時代にお話させてい頂きました。

東洋医学はホリスティック医療(身体の全体を診ること)に主眼を置いていますので、東洋医学について興味が深く探求する石崎君の姿勢は、日々の臨床においても生かされ多くの患者さんに喜ばれていくと信じています。

加油!!

 

ホームページ閲覧特典、6,000円(初診料3,000円+逆子施術料3,000時)→3,000(各種条件がございますのでお問い合わせ下さい)

 

LINEからは24時間予約OK!!

 

 

 

 

当院が選ばれる5つの理由

町田市の仄々鍼灸院では、対話を重視することからお話をよくお聞きいたします

対話を重視しているので、しっかり話を聞いてくれる

 

 

町田市の仄々鍼灸院の院長は、オーストラリアの国家資格であるRemedial Massageを取得。世界約50カ国での施術が可能です。

院長は世界約50カ国での施術免許を持つ世界基準の技術力

 

 

町田市の仄々鍼灸院は全室個室での施術を行いますので、リラックスして施術をお受けいただけます。

個室で安心

 

 

町田市の仄々鍼灸院は、鳥の声も聞こえる静かな空間での施術を受けられますので、自律神経症状にとても良い空間となります。

自然ゆたかで鳥の声も聞こえる静かな空間

 

 

町田市の仄々鍼灸院では、院長の施術を必ず受けられますので、安心してご来院下さい。

必ず院長の施術が受けらられる

 

院長あいさつ

町田市の更年期や自律神経の乱れなら仄々鍼灸院の院長へご相談下さい

仄々鍼灸院のホームページを御覧いただきありがとうございます。
私自身は長年アトピー性皮膚炎に苦労してきました。
正直いって、この痒みの苦しさから何度「死にたい」と口にした事でしょう。
どうにかこの疾患を良く出来ないものかと、鍼灸の世界に入り施術を皆様にさせて頂くにようになりました。
そういった中で、同じように苦しまれている多くの方の支えとなれるように、またそれ以外の疾患でも、病院に行ったが良くならないなどの悩みを抱えていらっしゃる方のお話をお聞きすることも多く、一緒に緩解への道をたどるお手伝いをさせて頂いています。
お悩みは違えど、症状の緩解後「実は、あの時死にたいと思っていたけど死ななくてよかった」などと笑顔でおっしゃって頂く事は、とても有り難く、嬉しいです。

近年では鍼灸の施術や当院での整体の施術が婦人科のトラブルにとても有効的ということで、婦人科の先生とも懇意にして頂くご縁もあり自律神経のトラブルや更年期症状、更年期障害、プレ更年期の方々、また産前、産後後のマイナートラブルへの施術や不妊症にお悩みの方と女性のお悩みについて拝見させて頂く事が多くなってきております。
そういったことから、更年期カウンセリングや、不妊カウンセリングに関する医学会への所属をさせて頂き日々研鑽に励んでおります。

また元々、整骨院での勤務の経験を活かした整形外科的な急性疾患、ぎっくり腰、寝違え、膝などの関節痛、捻挫、その後のリハビリはもちろんの事、そういった事にならないような予防。鍼灸治療の特性を生かした健康管理、未病(病の前段階)の治療。(だるい、疲れがとれない等。)久病(長患い)を少しずつでも良く、寄り添い歩んでいくことができれば幸いと思います。
ご相談は無料ですので、これをご縁と遠慮なくご相談ください。

仄々鍼灸院
院長 石崎洋平

 

このページの先頭へ