仄々鍼灸院TOP

五十肩・四十肩(肩関節周囲炎)

「肩の関節が痛いんだよね〜」と言わてると、まず頭をよぎるのは『四十肩』『五十肩』
特に40歳代、50歳代に差しかかっていたり超えていたりして、肩が急に痛くなったりすると心配になると思います。
さて『四十肩』『五十肩』ってどんな症状なの?

 

40歳代、50歳代の方に多い症状なので『四十肩』『五十肩』と言いますが、最近は50歳代の方に多いことから『五十肩』と言われることが多くなってきています。
ただし、これは好発年齢ですので20歳代でもなる事もありますし90歳代でなった方がいるとも聞いたことがあります。
症状を簡単に言うと「特に原因がなく肩が急に痛くなったり、腕が上がらなくなってしまう」事を言い正式な名称は『肩関節周囲炎』と言います。

 

『え?』原因がないのに痛くなっちゃうの?

 

原因がないのに痛くなると言われると、とても不安になると思いますが、大丈夫です。
時間はかかりますが多くの方にご来院いただき改善しています。

 

 

四十肩・五十肩って、どんな症状なの?

先程も触れましたが、正式には『肩関節周囲炎』と呼ばれ、肩関節周囲にある軟部組織に起こる炎症症状で、要するに「肩の関節の周りの炎症」です。
肩関節や肩周囲に痛みと動きの制限があり、髪をとかしたり、結ぶ動作や服の脱ぎ着、腕を上げたり捻ったりする動きで強い痛みが出やすく、症状の強い時は、夜中にズキズキと痛み眠れなかったり、途中で目が覚めてしまうこともあります。

 

 

またこれらを分類分けをすると、『疼痛期』『拘縮期』に分けられます。

 

 

疼痛期

夜寝むっている時や、横になっている時に痛みがあったり、日中動かさなくても痛みがあることがあり、この頃はまだ動きの制限がない時期になります。
安静にして、炎症を抑える処置をしていくと良いので程度にもよりますが三角巾などで腕を吊る事もあります。
痛みが強くない方も三角巾を使ったり、テーピングをしておくと楽に過ごしやすい時期になります。
期間はだいたい3週間~1ヶ月で、これを過ぎると拘縮期と呼ばれる時期になります。

 

 

拘縮期

肩関節の袋(関節包)や関節の周りにある潤滑油の袋(滑液包)が癒着(張り付く)してしまい肩の関節の動きが悪くなります。
この時期は、癒着を剥がすために運動療法が大切になります。
期間は整形外科学などの本にもよりますが1年〜2年と言われています。
この時期が、皆さんのイメージする『四十肩』『五十肩』と思われます。

 

 

四十肩・五十肩の病院などでの一般的な対処法

主に整形外科での処置や施術は、消炎鎮痛作用のある湿布や塗り薬、鎮痛薬や筋弛緩薬などの薬物治療をすることが多いです。
リハビリ施設のある病院では、痛みを緩和するためのアイシング処置や電気治療、理学療法士(PT)などによる運動療法を行い関節周囲の癒着を剥がし、徐々に肩関節の可動域を広げていきます。
症状が慢性化したり、痛みが強い場合は、テーピングや三角巾での肩関節の固定、ステロイド剤や局所麻酔剤、ヒアルロン酸製剤などを関節内へ注射をすることもあります。
また、時期に応じて運動指導も行い家庭でもリハビリをしていくように指導されることがあります。

 

 

この他にも、多くの患者さんに見られる共通点

「肩じゃなくて腕が痛い」とおっしゃられる方が結構いらしゃいます。
肩が痛いわけじゃないのに五十肩と言われたという方が、この代表ですが先に上げた症状がありましたら『四十肩』『五十肩』を疑って良いでしょう。

また、肩の関節の不調に伴い背中が丸まり猫背となり余計に肩の動きが悪くなったり、それに付随し肋骨の動きも悪くなってしまう方が多くいらっしゃいます、この状態が続きますと肋骨の動きの悪さから息苦しい感じが出てきたり、背中がつる感じになったりという不調が出てきたりします。

 

「安静にしたほうが良いと言われたが、いつ迄安静にしたら良いのかわからない」
「逆に動かせとも言われるけど、痛いのに動かさないといけないの?」
よく相談されるお話ですが、いつまで安静にするかは残念ながら『言えません!!』
炎症期間は教科書的にも3週間から1ヶ月となっていますが、生活状況などにも左右されますのでかなりの個人差があります。
炎症期と拘縮期の境界線ははっきりしていませんので、治療者側も様子を見ながらリハビリへと移行していきます。
また、癒着を剥がす為の可動域訓練のリハビリをは痛みを伴いますし開始してみても炎症がぶり返すこともあるので、様子を見ながら行っていきます。

この状態に対して早めに対応できれば問題ありませんが放置されてしまうケースが多く、結果として肩の関節や周りの筋肉の状態などの動きが悪くなり血液循環の障害が促進され、激しい痛みや疼き、さらなる可動域の制限が生まれやすくなってしまいます。

 

だからこそ、四十肩・五十肩の症状が気になり始めたら、できるだけ早く適切な施術を受けリハビリを行うことが大事です。

 

「ほっといたら治った」「自分で治した」ということを聞きますが……。

この疾患に多いのが「ほっといたら治った」は「自分で治した」という方。
お友達とかに「四十肩になったと」お話するとだいたい身内やその友達にこういう方が一人や二人いらっしゃる事があります。
まず第一に『本当に四十肩・五十肩だったのか?』
意外とこういった方に多いです。
詳しくお話を聞くと「肩が痛くて腕が挙がらなかったけど、3日で治った」などと言われることがあります。
このお話ですと、本当に『四十肩・五十肩』だったのか? 微妙ですね。
または、それ以外にも癒着部分が数箇所でしかもほんのちょっと癒着をしていただけかもしれません。
ただし、事の真偽はわかりません。
そうだったかもしれないし、そうでなかったかもしれません。

 

『本当に四十肩・五十肩を自分で治した方』
素晴らしい!!
実は、自分でしっかりと可動域訓練を行うとかなり良くなります。
ただし、結構しんどいです。
動きの悪い状態を自力で無理やり動かす訳ですから、結構なMっ気、もしくは意志が強くないとできません。

 

また、こういった方の多くは可動域の最大値(いっぱいまで)動かす事をしていないことが多いので、腕を上げきる動作などで動きの悪さが残ってしまっている方が多いです。

 

仄々鍼灸院での『四十肩』『五十肩』の施術方法

鍼灸治療
痛みを緩和する為の鍼やお灸をしていくのと同時に、体調を整えていくこともいたします。
「体調は悪くないけど?」とおしゃられる方もいらっしゃいますが、日々の疲れなどを取り除くだけでも身体の回復力が上がりやすくなりますし、このちょっとした事が身体の動きやすさを良くする事ができたりもいたします。

 

整体
全身のバランスを整えることにより肩関節の動きや肋骨の動きなど、凝り固まった身体の動きを動きやすい状態にしていきます。
これだけでも肩だけでなく周りの身体の動きも良くなり、肩の痛みは楽になりやすいです。

 

可動域訓練
鍼灸や整体をすることにより身体を楽にした状態(今持っている動きの最大値をしっかりと動かせる状態)を作り可動域訓練(リハビリ)を行います。
周りの動きの悪い状態からリハビリをされるのと、良い状態からリハビリをされるのとでは効果が違うと考えております。
また、痛みを伴うリハビリを痛みを少なく効果的に行なえます。

 

もちろん、炎症期には安静にするためのテーピング処置などもしていきますのでご安心下さい。

このページの先頭へ