仄々鍼灸院TOP

治療について

当院の治療は伝統医学となります

 

『伝統医学』ってお聞きになられたことはありますか?
はり・きゅう・整体などはこの伝統医学に当てはまります。
他にも、アーユルベーダ、チベットやモンゴル医学、中医学や韓医学もこれにあたります。
この中には人から人へ、口伝にて伝承されたり門外不出であったりした技術もあったと思いますし、途中で失伝してしまったものもあるでしょう。
鍼灸に関しては、中国の秦の始皇帝の時代まで遡った資料も存在していて現在まで脈々と受け継がれて来ているもの、また途中で編纂されたものなど多岐にわたります。
ザックリですが、こういった人々の「経験から受け継がれてきた医療」を『伝統医学』と言い、受け伝えていくものとなります。

経験という話が出ましたが簡単に言いますと、この医療は先人が「この症状の時にはこうしたら良くなった」という蓄積の上に成り立っています。
これは大きな時の流れでいうところの「経験からの受け継がれてきた医療」となりますが、日々クライアントと向き合っていいる一対一の現場でも小さな時の流れにて同じことが存在しています。
そう「あなたと私の間での経験」です。
人それぞれ、靴のサイズと一緒で同じ靴のサイズの人でも足の形は人それぞれですよね?
同じ症状、同じ証(東洋医学での見立て)の施術に関しても「一人ひとり」微妙に違います。
回数を重ねて拝見させていただくことにより、お互いの経験値が上がりより良い効果を出しやすくなるオーダーメードの施術へとなっていくと考えております
長くなりましたが、そんな施術となります。

 

 

■ はり治療

主に、豪鍼(ごうしん)と呼ばれる髪の毛ほどの太さの鍼を使用いたします。
鍼というと、注射針を想像される方が多くいらっしゃいますが全くの別物とお考えください。
また、刺さずに接触刺激により行う接触鍼という鍼治療の方法も用意しております。
とても心地よいものですのでご相談ください。

当院で使用している豪鍼と注射針の比較|町田、相模原地域の仄々鍼灸院へご相談下さい。

写真:上が一般的な注射針、下が当院で使用する豪鍼と呼ばれる鍼です。
こうして比較すると、だいぶ豪鍼が細い事がお分かり頂けると思います。

仄々鍼灸院では、診療所などに置いてある高圧加熱滅菌器オートクレープを完備しています|町田、相模原地域の仄々鍼灸院へご相談下さい。

当院の鍼は、工場出荷時に滅菌処理してある「使い捨ての鍼」または「当院にて高圧滅菌処理を施した個人用の鍼」になり、どちらも施術の直前に開封いたします。
「使い捨て」「個人用」どちらでも選ぶことができます。
また鍼以外の道具も、高圧滅菌処理をしておりますので感染症を心配することなく安心して施術を受けていただけます。

鍼というと『注射針』を想像される方がいらっしゃいますが、鍼灸用の鍼は痛みをできるだけ少なく刺す事を考えつくられたものとなり全く違うものになります。違いに興味のある方はお話し下さい。


■ 小児鍼(接触鍼)

刺さない小児鍼
関東ではまだ珍しいです

が、小児鍼法という接触鍼(刺さない鍼)を使用した手法があります。
一般の鍼治療とは違い接触鍼(刺さない鍼)などを使い治療をしていきますので、赤ちゃんにも施術できる優しい治療法です。
夜泣き、疳の虫、食欲不振、夜尿症でお悩みの方、お気軽にお問い合わせください。
治療時間は10~15分程度になります。
夜尿症を治して頂きました。痛くない小児鍼でリラックスしながら治療を受けました。ありがとうございました。喜びの声をいただきました。|町田、相模原地域の仄々鍼灸院へその他「疳の虫」などもご相談下さい。


■ きゅう治療

艾(もぐさ)により、温熱刺激を与えます。
お灸には大きく分けて有痕灸(痕を残すもの)と無痕灸(痕を残さないもの)があります。
当院では、痕を残さない無痕灸を多く採用していますが、皮膚の弱い方や体調により水泡を形成してしまうことがあります。その際は、しっかり処置をさせていただきますのでご安心下さい。


■ 整体治療

整体といいますと、沢山の手法がございます。
多くの方がイメージされるのが「ボキボキ」「バキバキ」するもの。
または、整体と称しての「マッサージ」「もみ療治」を想像される方が多くいらっしゃいます。

町田市の仄々鍼灸院の整体手技、痛くない心地よいとお喜び頂きます

当院での整体は
「ボキボキ」「バキバキ」いたしません。
また「マッサージ」それに類する手技は行いません。
初めてお受けになられた方の感想としては「新感覚の手技だね」とか「ストレッチに近い感覚がする」などのお言葉を頂きます。
お身体の状態に合わせ、いわゆる歪みを取り除き全体的に関節の動きを良くしていきます。
そうする事により、筋肉の動きや、内臓の働きが良くなりやすくストレス無く生活を送れるようになることを目指していきます。

このページの先頭へ