仄々鍼灸院TOP

宝ジェンヌの美しさの鍵のヒントを公開?!

「早起きは三文の徳」と言いますが、今日は何だか早く目を覚ましいつも目覚まし代わりに聞いているラジオのスイッチON!!

東京都町田市相原町という東京の外れ、のどかな地域の小さな治療院で鍼灸、整体の施術をしています。

仄々鍼灸院  院長の石崎です。

 

普段から聞いているラジオはJ−WAVE
朝の時間でしたので、別所哲也さんの番組でしたがその中のPLEASURE PICK UP ! というコーナで、本日は『元宝塚・初嶺麿代に聞く「美と健康」とは・・・?②』を放送していました。

やはり宝塚とうと綺麗な女性の代名詞ではないでしょうか?
そのお話の中で「宝ジェンヌの美しさの鍵は『一にも二にも品格』だそうです」

品格=内面の美しさだそうで見た目は大切ですが、外見の美しさは内面の美しさと表裏一体なので内面を磨くことと考えていらっしゃるようです。

そこで品格〈=内面の美しさ)を身につけるポイントは健康美と所作。
○健康美は心と体の健康が大切で、「食事の質」と「睡眠」が重要!!
○所作は所作動作、立ち振舞の事で「立ち方」と「歩き方」が大切。

 

そこで、立ち方4つのポイント!!
①足
土台部分である足裏が重要で足裏全体で、とくに親指の付け根を意識して10本の指を地面にしっかりと付ける事により足裏の歪みがなくなり、地面に踏ん張ることが出来るのでしっかり筋力を使うことが出来る。
その事により、安定して上にしっかりと身体を積むことが出来る。


②骨盤
身体の中心でへその下丹田を意識する
下腹部の力が緩むと、背中が丸くなり、ぽっこりお腹にもなりやすい。


③肩甲骨
背中の歪みは背中のお肉が前に下がりバストが下がってきたり、二重顎、首のシワになりやすいので注意です。



④頭
その上に頭が、乗っているので頭の位置が大切。

こんなお話でした。
日々、診療でお話させて頂いてる事が多くありましたが違う分野でのプロからのお話いただくと刺激的です。

 


①の足について、時間を使ってお話されていましたが私も足は重要と思います。
よく土台は骨盤と思われがちですが、地面に接して一番最初に身体を支えているのは足(足裏)です。
ここへの意識が変わるだけでも、姿勢が良くなったりします。
普段、何気なく立ったり歩いたりしていると思いますが、ちょっと暇な時の1分間、足の裏に意識をしてみてはいかがでしょうか?
意外と、足の指を10本使っていない歩き方をしていたりするものです。

土台が変わると、③肩甲骨の歪みも変わりやすくなるでしょうからバストアップや顎まわりがスッキリするかもしれませんよ。



そんな事を言われても、ホント? と思われるとお思いますよね?
元宝ジェンヌに言われると信じるのに、私だとホント? と言われてしまうのは悲しいですが、そんなあなたに、そうでない方にもちょっとしたワークを用意しました。

お風呂に入る前後にでもしてみて下さい。


まず鏡を前にして、姿勢を悪くしてみましょう(^^b

そこで、バストの位置を確認。

次に、姿勢を良くしてみて鏡を見てみてください、きっとバストアップしています。
そして、そのままの状態で顎周りを見てみましょう。
首のシワはどうですか?

また先程のように、姿勢を悪くしてみて下さい。
姿勢の悪いときの、首のシワはどうでしょう?
数が増えたり、クッキリしたりしていませんか?

では、最後に姿勢の悪い状態で全体的に自分を観察します。
足の太さ、格好、お腹の感じ、脇のお肉の付き方、胸、首、あご、表情。
口をパクパクしてみて噛み合わせはどうか? などもみてみましょう。
観察し終わったら、姿勢を良くしてみます。

足の太さ、格好、お腹の感じ、脇のお肉の付き方、胸、首、あご、表情はどうですか?
噛み合わせの位置も変わるのがわかりますか?
そして、ちょっと若返った感じがするはずです。
その、ちょっと若返った感じを感じつつ、今晩はお休みになって下さい。
きっと良い夢がみられます。

 

 

はり・きゅう・整体治療専門 仄々鍼灸院
JR横浜線相原駅より、ゆっくり歩いて10分くらい。
町田市立相原小学校近くです。
診療時間 月曜日〜土曜日  9時~12時
     月、水、木、土曜日 14時〜19時

でんわ:080-5492-7889

診療中など電話に出られないことがございますので、診療ご希望の方は留守電へ「診療希望」とメッセージをお願いいたします。

折返しのお電話をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

当院は更年期障害、生理不順、PMSなど自律神経や女性ホルモンのバランスを整えることに力を入れて診療しております。

また不妊、つわり、逆子、産後の骨盤調整まで出産に関わる事柄をトータルでサポートいたします。

このページの先頭へ