仄々鍼灸院TOP

お花見の日の冷えにご注意。

東京は桜も開花して、今週末には満開だそうですが皆様お花見のご予定などはありますか?

治療院の近所の「相原中央公園」でもレジャーシートを敷いてお花見を楽しまれる方も毎年いらっしゃいます。

そんな東京都町田市相原町という東京の外れ、のどかな地域の小さな治療院で鍼灸、整体の施術をしています。

仄々鍼灸院  院長の石崎です。

 

 

お花見の時期というと、職業的に気になるのが『花冷え』

単純に寒の戻りなのですが、真冬ほど寒くないはずなのに身体にはこたえ風邪をひかれる方や、風邪をひかなくても自律神経の調子を崩したりしてなんとなく体調がすぐれないなどとおっしゃる方がいらっしゃいます。

お花見の時などは、天気もよく温かな日を選ばれてなさると思いますが、季節はまだ春ですので夕方になってくると冷たい風も吹き寒くなることが多くあります。

こんな時に、体調を崩しやすいのです。

特に寒いといけないからと昼間に少し厚着をしているとてきめんに出てしまいます。

 

 

まず、昼間温かい。

暑いと汗をかく。

汗は身体を冷やす作用がある。

身体が冷える。

さらに外気が下がる。

さらに身体が冷える。

体調を崩す。

 

大まかな流れをいうとこんな感じ、冷えは万病の元です。

この時期は気が付かない間に汗をかいていることがありますし、意外と汗をかいている時は気持ちが良かったりしますがそこが落とし穴。

ほっておくと「風邪」や「自律神経」の不調に繋がりやすくなります。

衣服の調節に気をかけて、楽しいお花見をなさってくださいね。

汗をかいたら、タオルなどでサッと「ひと拭き」するだけで予防になります。

 

 

はり・きゅう・整体治療専門 仄々鍼灸院
JR横浜線相原駅より、ゆっくり歩いて10分くらい。
町田市立相原小学校近くです。
診療時間 月曜日〜土曜日  9時~12時
月、水、木、土曜日 14時〜19時

でんわ:080-5492-7889

診療中など電話に出られないことがございますので、診療ご希望の方は留守電へ「診療希望」とメッセージをお願いいたします。

折返しのお電話をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

当院は更年期障害、生理不順、PMSなど自律神経や女性ホルモンのバランスを整えることに力を入れて診療しております。

また不妊、つわり、逆子、産後の骨盤調整まで出産に関わる事柄をトータルでサポートいたします。

このページの先頭へ